結婚式に遅刻してしまった場合は?

MENU

結婚式に遅刻してしまった時のマナー

結婚式に呼ばれていた日に限って遅刻してしまう。こんなことはあまりないことですが、自分が間に合うように家を出たにもかかわらず交通機関の事情で時間通りに到着できないことなどもまれにあります。そんな時にどう対処したら良いのか?

 

まずは、どれくらいで到着できるのかの判断をし、参加している友達などに連絡を入れます。そこで、どの程度の遅れになるのかを伝えて会場側に連絡してもらいます。もし、知り合いがいないような場合には会場に直接電話をするのも有効な手段です。その結婚式にどれくらい遅刻するかを伝えることによって会場側でも対応ができるからです。基本的には全員に祝福されたいと思って新郎新婦はご招待をしているわけですから、参加者が揃うことが一番いいのですがやむなく遅刻してしまう場合には会場側に把握してもらえれば、新郎新婦本人達に伝えてもらえることも可能です。
決して、新郎新婦本人達に連絡を取ろうとしないことです。結婚式の主役である彼らは何時間も前に会場にいることはいますが、とにかく準備やリハーサル、親族同志の挨拶など分刻みのスケジュールで動いており、電話に出ることはもちろんできません。携帯電話を手元に持っていないことのほうが多いでしょう。また、親御さんに連絡が取れる場合でもせっかくの晴れの日ですからなるべく直接連絡を取るのは控えましょう。
そして、何より慌てずに行くことが重要です。急ぐあまりに事故にでもあってしまったら、それこそ彼らの門出にはふさわしくない日になってしまいます。遅刻してしまったから行かないという選択もしないほうが無難でしょう。あらかじめ出欠を取っている結婚式ではあなたの席、料理、引き出物などが用意されていますので当日のキャンセルは避けたいところです。

 

会場に着いたら、スタッフに声をかけましょう。参加者はすでに挙式や披露宴の中にいますので電話で呼び出したりするとかえって迷惑がかかります。スタッフの指示に従い速やかに用意された席につくのがもっとも大切です。タイミングによっては待たされる場合もありますが(主賓の挨拶中や乾杯の音頭の真っ最中など)会場側の配慮もありますので静かに待ちましょう。なにより主役より目立たないようにスッと入ることを心がけましょう。

 

そして、ご祝儀はすでに受付なども片づけられているタイミングだと思いますので、受付をした友人に渡したりせず会場スタッフにどの方に渡すのが良いか確認します。もし、スタッフが把握していない場合には新郎新婦どちらか自分が招待された側の親御さんに直接渡して、遅刻の理由とともにお詫びもします。急ぐ必要はありませんが、会場に着いたらなるべく早めに、歓談などの時間を利用してご挨拶がてら渡すのがいいでしょう。新郎新婦は結婚式当日の主役で参加者みなさんから注目されていますので、くれぐれも直接渡すことのないように気をつけましょう。